So-net無料ブログ作成
検索選択

ブエノスアイレス市内観光 5月広場周辺 [旅 アルゼンチン]

ブエノスアイレスでの二日目は夕方までの時間、市内観光のツアーに出かけた。
日本人ガイドの案内でお昼まで効率的にまわった。

最初に向かったのはブエノスアイレスの中心部、モンセラート地区(Monserrat)の5月広場周辺。
ここには歴史的にも政治的にも重要な見どころが集まっています。
20120815 2五月広場6.JPG

ピンク色の建物は大統領府(La Casa de Gobierno、カサ・ロサーダCasa Rosada)。
1873-1894年に建設されたスペイン・ロココ調の建物。
かつてのブエノスアイレスの要塞で、その後、一方の角は郵便局、もう一方は大統領府となった。
バルコニーはペロン大統領とエビータ夫人が演説したことで知られている。

ブエノスアイレスは「南米のパリ」とも呼ばれる都市。
建物もヨーロッパ風です。
20120815 2五月広場3.JPG

右側の通りの向こうに、街の象徴的存在のオベリスコ(高さ67m)があります。
20120814 6BuenosAires1.JPG
7月9日大通り

7月9日大通りに面してイタリア・ルネサンス様式のコロン劇場が立っています。
20120814 6BuenosAires2.JPG

ミラノのスカラ座に次ぐ世界第二の大きさで、パリのオペラ座と合わせて世界三大劇場とされている。

スペイン植民地時代は行政機関として、独立後はブエノスアイレス市議会として使用されている白い建物はカビルド(Cabildo)。
20120815 4カビルド1.JPG

5月広場はアルゼンチンの民主主義の原点となる場所。
1810年5月25日、植民地としてスペイン政府に操られることに耐えられなくなったクリオージョ(現地生まれの白人)たちが引き起こした「5月革命」。(この日を名前にした通りもある)
当時のリオ・デ・ラ・プラタ副王の退位と自治政府の設置を迫って人々がカビルドに集結し、この広場で独立宣言を行った。

5月広場から真っすぐ西、大統領府と対面する形で国会議事堂が立っています。
20120815 6国会議事堂.JPG

さらに、ネオ・クラシック様式の建物が大聖堂(Catedral Metropolitana)。
20120815 3大聖堂1.JPG
12人の使徒を表す12本の柱

正面右側に燃える炎は1827年の完成当時がから現在にいたるまで絶えることなく燃え続けているそうです。

南米解放の父、ホセ・デ・サン・マルティン将軍の柩が、アルゼンチン、チリ、ペルーの聖女の像に見守られて安置されていて、柩の部屋の入口には近衛兵が200年前の独立軍のデザインを復元した軍服に身を包み、交替で護衛にあたっています。
20120815 3大聖堂22.JPG

【おまけ】
地下鉄スブテ(Subte)の5月広場駅への入口。
20120815 2五月広場9.JPG

ブエノスアイレスの地下鉄の歴史は古く、最も古い路線(A線)が開通したのは1913年。
当時、東京い地下鉄を造ろうと計画していた日本から視察に来たそうで、銀座線のモデルになったとのこと。
そして、現在走っている車両には東京の丸ノ内線や名古屋の東山線のお古が使われているとかで、言ってみれば逆輸入ということですね。


世界で最初にボールペンが販売されたのもアルゼンチンだそうですよ
クリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブエノスアイレス タンゴショー [旅 アルゼンチン]

いよいよ最後の訪問地、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスです。

8月14日の昼すぎに到着後、夜の活動にそなえてホテルでしばし仮眠。
20120814 7BuenosAiresGrandKingH.JPG
こぢんまりした部屋

19時半、送迎車にピックアップされてタンゴショーの店へ。
場所はタンゴが育まれた地域と言われるサン・テルモ地区(San Telmo)にあるエル・ビエホ・アルマセン(El Viejo ALMACEN)(Esquina Ave. Independencia y Balcarce)
20120814 6BuenosAires5.JPG
2009年に40周年を迎えた有名タンゲリーア

ショーの前に向かいのレストランディナーです。
20120814 6BuenosAires6.JPG

パンプキンスープ、牛ステーキ(Asado)。
ステーキはこれでハーフサイズですが、全部は食べきれませんでした。
20120814 6BuenosAires7.JPG20120814 6BuenosAires8.JPG

デザートは別腹。(私はフルーツ
20120814 6BuenosAires9.JPG

さぁ、場所を移していよいよタンゴショーです。
20120814 6BuenosAires18.JPG

生演奏に合わせて男女の物悲しくも激しい踊りが繰り広げられます。
20120814 6BuenosAires32.JPG
20120814 6BuenosAires36.JPG
20120814 6BuenosAires40.JPG

20120814 6BuenosAires34.JPG
20120814 6BuenosAires39.JPG

バンドネオンの哀愁を感じさせる音色に合わせ、体を密着させ、時に脚をからませて踊る男女。独特の色気と情熱を感じます。

毎年8月に約2週間にわたって開催されるタンゴフェスティバルと世界選手権。
2012年は私たちが到着した8月14日から始まりました。(~28日)
情報によると、2009年のチャンピオンは日本のカップルだったそうです。
期間中、タンゴのレッスンワークショップなどが無料で行われます。


ダンサーが杉本彩に見えたのよね~
クリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ三国国境 [旅 アルゼンチン]

プエルト・イグアスから空港へ向かう前に立ち寄ったのが三国国境となっている場所。
地図上の赤丸で囲ったところです。
20120814 3PuertoIguazu3.JPG

イグアスの滝から続くイグアス川がアルゼンチンとブラジルの国境、そしてパラグアイ側のパラナ川と合流するところが三国の国境になる場所です。(パラナ川の下流はラプラタ川)
私の体で表現すると、左手がブラジル、右手がパラグアイ、右足がアルゼンチンを指しています。
20120814 2三国国境2.JPG

それぞれに国境を示すモニュメント(国旗の色)が設置されています。
アルゼンチン 20120814 2三国国境15.JPG
20120814 2三国国境12.JPG ブラジル
パラグアイ 20120814 2三国国境13.JPG 

こんなふうに国旗も掲揚されています。
20120814 2三国国境21.JPG

南国の植物ヘリコニアがあるかと思えば、日本でも見慣れた日々草も咲いていました。
20120814 2三国国境24.JPG20120814 2三国国境25.JPG


いよいよブエノスアイレスへ~
クリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アルゼンチン Puerto Iguazuで何食べた? [旅 アルゼンチン]

アルゼンチンとブラジルの国境に位置するイグアスの滝。
大小270の滝の大部分はアルゼンチン側にあります。
そして、イグアスの滝へアプローチするアルゼンチン側の拠点となる町がプエルト・イグアス(Puerto Iguazu)。(ブラジル側はフォス・ド・イグアス、Foz do Iguacu)

その町での食事の記録です。

まずはA Piachereというレストランにて。
20120812 6PuertoIguazu7.JPG

ギター演奏もあって、くつろいだ雰囲気のテラス席。
広いアルゼンチンの国。この地域は亜熱帯です。

注文したのは、ソーセージ(Chorizo)、ミニLomo Steak、グリーンサラダ、マッシュポテト。
20120812 6PuertoIguazu3.JPG

三人だと少なめだったけど、まぁ、これくらいがちょうどいいかも。
飲み物はパタゴニアビール。
そして、三人それぞれが注文したデザート。(私はFlan=プリン)メインよりもボリュームがありますね。
20120812 6PuertoIguazu6.JPG

二泊目の夜は宿泊ホテルのレストランで夕食。
20120813 3IguazuSaintGeorgeH6.JPG

ワインはパタゴニアのスーパーで買って持ち込んだもの。
ビュッフェ料理だからと言って取りすぎかしら?野菜中心ということで。。

そしてワインは赤へと続き~
20120813 3IguazuSaintGeorgeH8.JPG

三人でボトル2本。その前に乾杯用にシャンパンを1杯。
ご機嫌で飲んでいたのはいいが、翌朝、二日酔いのためトイレとの往復で朝食をまともに食べられなかった私。まったく、何度この辛い思いを繰り返しているのやら。。


駆け足でイグアスを去ります
クリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

一足お先に冬休み [日記]

きのうから早くも冬休みに突入!
なぜなら、きのうから今日にかけて人間ドックだったから。

こちら、ホテルのロビーではありません。メディカルセンターのロビーです。
20121226 人間ドック.JPG

高級感あふれるセンター内は、廊下は絨毯敷き、椅子は布張り。
セレブ感満載です。

初日の昼食は松花堂御膳。
20121226 人間ドック昼食1.JPG

朝ごはん抜きだったので、おいしく完食しましたことよ。
しかし、午後からも検査があったため検査着にスリッパのままで食事。なんだか場違いな感じ?

そして、自由時間となった午後は東京ミッドタウンへ。
言い忘れました。メディカルセンターは青山一丁目駅そば(赤坂)でした。
赤坂の裏通りを歩いていると、異国情緒を感じさせる建物が。カンボジア大使館です。
20121226 カンボジア大使館.JPG

出かけるのが遅かったので、ミッドタウンのイルミネーションを見ることができました。
20121226 ミッドタウン.JPG

この冬、すごく寒さを感じるので、ユニクロでヒートテックのまとめ買い
20121226 ユニクロ.JPG

宿泊ドックだったので赤坂のホテル(と言っても、宿泊客の多くが外国人というお手頃な会館)に戻り、夕食。
20121226 人間ドック夕食.JPG

これまた松花堂御膳。おまけにデザートにチョコレートケーキまでついてきた。
ドック用のメニューなので、カロリー計算されているはずなのだけど、どう考えてもカロリーオーバーだと思う。
これじゃ太っちゃうよ。
そうそう、初日の終わりにその時点での検査数値を見ながら医師との問診があったのだけど、「標準体重ピッタリ、素晴らしいですね」と褒められましたが全然うれしくない。それって一般的には太り気味ということですから。。
(今の私、まるで岸田劉生の「麗子像」なのです)

そして、二日目の今日は糖負荷試験のみだったので、採血の合間に待合コーナーでせっせと年賀状書き。無事投函。

昼前には検査終了。
ランチは洋食のコース。
20121227 人間ドック昼食1.JPG

グラスワインは追加注文です。
一年間頑張ってきた自分へのご褒美♪

年末の人間ドックってなんだかいい感じ。
少し早めに仕事を切りあげて、体のメンテナンスとともに、ゆったりとした時間を過ごしたり。
(帰宅後、近所で整体60分でさらに調整済)

そして、明日には実家に帰省です。
寒いだろうなぁ。風邪ひかないように気をつけなきゃね。

20121227 正月飾り1.JPG
宿泊ホテルに飾られた正月飾り


アルゼンチン旅行記はまだまだ続きますよ~
のクリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。