So-net無料ブログ作成
検索選択
旅 イギリス ブログトップ
前の7件 | -

ロンドンからの帰国便は記念の日 [旅 イギリス]

ついにヨーロッパ出張レポートも最終回となりました。

帰国便に乗り込む前、ヒースロー空港で最後のお買い物

前々から探していた、海外渡航グッズをコンパクトに収納できるケースを見つけました。
ロンドンに拠点を置く文房具や皮小物のブランド、SMYTHSON(スマイソン)のTravel Wallet。
搭乗券やパスポート、チケット類などの仕切りがあって紛れない。
20121201 2LHR3.JPG

必ず立ち寄るHarrodsのショップではお風呂ダックのクイーンとバラのハンドクリーム(友人へのギフト用)を。
20121201 2LHR4.JPG

本物のリキュールが入っているチョコレート26個パッケージ。夜寝る前にちょっと1本だけ、というのに最適なサイズ。
20121201 2LHR5.JPG

いい買い物ができたな、と良い気分でゲートで搭乗を待っていると、地上係員のアナウンスが。
「おかげさまで全日空は本日12月1日、60周年を迎えることができました」

搭乗口に法被を着たスタッフの方たちが並び簡単なセレモニーがあったあと機上へ。
シートに座り窓の外に目をやると、横断幕を持ったスタッフたちがブルーのライトを振って見送ってくれました。
20121201 3ANA60th4.JPG

19時発のNH202便に乗り込んで12時間のフライトの前のリラックスタイム。
20121201 5NH202便1.JPG
搭乗時にもらったステッカーとカードケース

前菜は鴨のロースト 甘酸っぱいグリーントマトのチャツネ添え。
20121201 5NH202便2.JPG

メインは牛フィレ肉のステーキ 和風おろしソース。
20121201 5NH202便3.JPG

映画はトミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープの二人が倦怠期の夫婦を演じる『Hope Springs』

着陸前の食事は葱みそラーメンとグリーンサラダ。
20121201 5NH202便4.JPG

もう一本見た映画は邦画『北のカナリアたち』
吉永小百合さんのいつまでたっても気品ある美しさの極みと言ったら。羨望のため息です。


いろいろと充実感を持ち帰ってのヨーロッパ出張。
次の海外出張は2月。でも、その前に年明けは関西出張もあるのよね~


さぁ、アルゼンチン旅行記!
のクリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

ロンドンで何食べた? [旅 イギリス]

ロンドンでは友人Meiちゃんと素敵なフレンチのレストランで食事をしました。

仕事を終えた金曜の夜はもう一人同い年の女性が加わって、Moorgate駅近くのSouth Place Hotelの7階にあるAngler(3 South Place, London EC2M 2AF)にてアラカルト料理を。

まずは牡蠣三種類で乾杯。もう1品は鱈。
20121130 2Angler1.JPG20121130 2Angler2.JPG

盛り付けの可愛さもさることながら、シーフードを得意とするレストランらしく、鱈の肉が弾力があって焼き具合も抜群。美味しかった~

このレストランが入っているSouth Place Hotel、いわゆるデザイナーズホテルで、コンラン卿の会社がインテリアを手がけているそうで、エントランスからして独特の雰囲気です。
20121130 2Angler4.JPG

帰国日のランチもフレンチのお店。
チャイナタウンのすぐ近くにあるGauthier Soho(21 Romilly Street, London W1D 5AF)にて。

ビクトリア時代のタウンハウスをレストランに改装した造り。
20121201 1Gauthier8.JPG
20121201 1Gauthier7.JPG

私たちは2コースメニューを注文したのですが、ミシュラン星ももらっている料理はどれも味はもちろん演出も素敵。

カナッペ 20121201 1Gauthier1.JPG
MeiちゃんからもらったCape Verde土産のコーヒー豆も一緒に。

アミューズ 20121201 1Gauthier2.JPG
濃厚なカニ味噌のスープみたいな味(だったような。記憶がすでに曖昧)

前菜はフォアグラのソテー 20121201 1Gauthier3.JPG
生からちょうど火が通ったくらいの焼き具合が絶妙

メインは鱒 20121201 1Gauthier4.JPG

これで終わりかと思ったら、追加でカプチーノを頼んだあとで漆黒の宝石箱のようなケースが運ばれてきました。
開けてみるとプチフールが。
20121201 1Gauthier6.JPG20121201 1Gauthier5.JPG

このレストラン、料理家の栗原はるみさんがテレビ番組の企画でフレンチの修行に入ったことがあるらしく、その影響でもあるのでしょうか、柚子を使ったメニューもあったり日本のエッセンスも感じられました。
これで18ポンド(カプチーノは別料金)とは感激のコースです。
そして何よりもスタッフが皆、若いイケメン♪
料理やワインの説明をフランス語訛りの英語でしてくれるのですが、説明に耳を傾けつつも目は真剣に顔を見つめていた私たちであります。


出張の終わりを美味しいフレンチで締めくくってくれてありがとうね、Meiちゃん。
(おまけにお土産に買ってくれた、わさびポテチも美味しかったよ)


ロンドンの食、どんどん進化しています!
のクリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

ロンドンの街 スナップショット [旅 イギリス]

ようやく出張の第三(最終)訪問地のロンドンにやってきました。

おなじみタワーブリッジ
ロンドンオリンピックの時はここに巨大な五輪マークが掛けられたのですよね。
20121130 1LondonTowerBridge.JPG

今回の滞在でも前回同様、ロンドン塔近くのホテル、Novotel London Tower Bridge宿泊しました。

地下鉄Tower Hill駅の展望台から望むロンドン塔(Tower of London)。
20121201 ロンドン1.JPG

そこから視線を右側(西方向)に移すと、ニョキッとオベリスクのような高層建築が空に突き上げています。
20121201 ロンドン2.JPG

ロンドンブリッジの南岸に建つ、2013年2月にオープン予定のビル、The Shardです。
20121201 ロンドン19.JPG

Blackfriarsの駅も綺麗になったようです。
20121201 ロンドン20.JPG
右後方に見える煙突はTate Modern

帰国日(12月1日)、寸暇を惜しんでロンドン市内を駆け足で散策しました。
Tubeに乗ってレスタースクエア(Leiscester Square)へ。たくさんの人が繰り出していました。
20121201 ロンドン5.JPG

スクエアでは臨時滑り台なども設置され、子供たちが冬の遊びを楽しんでいました。
20121201 ロンドン4.JPG

そのままCovent Gardenに歩を進めます。ここも人・人・人。
20121201 ロンドン8.JPG

クリスマス仕様の街には家族連れもたくさん。
20121201 ロンドン16.JPG
大道芸人と孫の写真を撮るおじいちゃん

土産物店の店先では女王も愛犬コーギーと一緒に手を振ってお出迎え。
20121201 ロンドン6.JPG

APPLE MARKETはクリスマス前のせいか、いつもに増して人が多い感じ。
20121201 ロンドン10.JPG

そして、マーケットの前にはおなじみの大きなクリスマスツリー。
20121201 ロンドン11.JPG

Royal Opera House前には大きな赤鼻のトナカイのトピアリーが設置されていました。
20121201 ロンドン13.JPG

Piccadilly Circusからロンドンのショッピング街Regent St.を見ると、恒例のクリスマス・ライトが点灯していました。
20121201 ロンドン17.JPG

場所にかかわらず、クリスマスの時期は気持ちが浮き立ちますね。


日本は続いて新年を迎える準備ですね
のクリックをポチッとお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:ロンドン

ロンドンがウェルカム [旅 イギリス]

ミュンヘンでの仕事を終えて最終訪問先のロンドンに着きました。

先週も今週も、次の目的地への移動は仕事を終えた夕方。
到着した翌日は朝から普通にまた終日仕事。

体を休ませることがままならないだけでなく、頭の切り替えも仕事の整理もそこそこ…
さすがに今回のツアーはキツイ。

DSC_1544.JPG

でも、ヒースロー空港に着くと相変わらず懐かしさを感じるし、パディントン駅からタワーブリッジそばのホテルに向かうブラックキャブの車窓から眺めるロンドンの景色に心の緊張も体のコリも緩みます。

明日も朝からバッチリ始められるように今夜は そろそろ休みます。
天気予報を見ていると東京は冷え込んでいるみたいですね。
ヨーロッパはおかげさまで予想していたほど寒くなく助かっています。

またね~ ロンドン [旅 イギリス]

ヒースロー空港へはPaddington駅から電車Heathrow Expressで。
20120317 2PaddingtonSta.JPG

駅のタクシー乗り場もオリンピックに向けて場所が変わり拡張されていましたね。

デュッセルドルフへはLufthansaのフライト。
いつものようにギリギリまで搭乗ゲートが決まらないので、空港内のショップをぶらぶら~

毎度立ち寄るHarrodsのショップにて。
20120317 3Harrods@LHR.JPG

ロンドンは今年、オリンピック開催だけでなく、エリザベス女王の戴冠60周年(Diamond Jubilee)でも盛り上がっているようです。
昨年はWilliam皇太子とKate妃のウェディングでしたね。

いかにもイギリス!というKitKatのパッケージを見つけました。(でも、買ってません)
20120317 4KitKat.JPG

イギリスのシューズブランドClarksのショップで面白い商品を見つけました。
丸まったアルマジロかテニスボールみたい。広げてみると、
20120317 5NaturalMovement1.JPG20120317 5NaturalMovement2.JPG

カナリヤイエローが可愛いフラットシューズでした♪
20120317 5NaturalMovement3.JPG
Natural Movementというシリーズです

自分へのお土産はCharbonnel et Walkerのトリュフチョコレート。
20120317 7Charbonnel et Walker.jpg

今回はピンク・シャンパンの他に、イチゴのものもお買い上げ。外見は似ていますが、中身が違う。
上品で、一粒で満足感を得られる贅沢な味です。

友人へのお土産と自宅用に買ったTwiningsの紅茶とWalkersのショートブレッド。
20120317 6Walkers&Twinings.JPG

紅茶はスーパーでまとめ買いすると安いし、他のものも空港で買うとVAT分が課せられないのでお得。(大きな買い物もするけど、小さな節約も心がけている私です)

さぁ、「Goodbye」ロンドン。また近いうちに行きますよ~
20120317 8LHR.JPG

次の記事からは、デュッセルドルフでのレポートをお届けします。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ロンドン Cityで女子会ディナー [旅 イギリス]

ロンドン滞在での最後の夜は女子会♪

Cityで働く友人のMeiちゃんと初対面のMikaさん(偶然にも彼女の勤務先が私の出張先と同じオフィスビルだったのでビックリ)と三人で。
お店選びはMeiちゃんにお任せ。
ミシュランの星もついているというフレンチの有名店GALVIN La Chapelleにて。(35 Spital Square)(天井が高い落ち着いた雰囲気の内装、写真を撮るのを忘れた)

私たちが注文したのは、7時前の入店で29.50ポンド(約4200円)の3コースメニュー。
(仕事が延びて、タクシーで向かいましたが遅刻してしまった私。。)

私の選択は、スターターにWild mushroomのポタージュスープ。刻んだダックが盛られた大きな皿に目の前でスープが注がれます。
メインはサーモン。オレンジのソースとの組合せが新鮮な印象。
20120316 3LaChapelle1.JPG

デザートには洋梨のコンポートにピスタチオのソース。チョコレートをかけたシャーベットも添えられて。
20120316 3LaChapelle2.JPG

ロンドンの料理はマズイ、というのがいまだに日本人の中には定説のように広まっていますが、まったくそんなことはありません。(最初にこんな悪評を言った人はいったい誰でしょう!?)
三人でシャンパンに始まり、白ワインをボトルで、最後にはデザートワインまでいただきました♪

お店を後にして、近くをぶらぶら歩き。
もう一つの候補だったRoyal Exchange(この中のコンラン卿のお店)の前に来ました。
20120316 4RoyalExchange1.JPG

外観も大英博物館みたいで壮麗ですが、内部も吹き抜けになっていて素敵。
20120316 4RoyalExchange3.JPG

飲みなおしに私たちが向かったのは、別のコンラン卿プロデュースのフレンチ・レストランCoq d'Argent
実はこのお店、前回(2010年5月)ロンドンに行ったときに食事をしました。
本当に、いろいろと美味しいレストランがあります。

Meiちゃん、素敵なお店選びとお土産をありがとうね。
5月に東京で会うのを楽しみにしています。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Lucian Freud Portraits [旅 イギリス]

木曜の夕方は仕事の後にWest Endへお出かけ♪

West Endはシアターが集まっているエリアですが、私が向かったのはNational Portrait Gallery
Lucian Freud Portraitsという企画展を見るためです。

20120315 1NationalPortraitG4.JPG
左が彼の自画像

Lucian Freud(1922-2011)は多くの人物像を描いた画家で、この展覧会では1940年代から2011年に亡くなるまでの初公開作品を含む130点が展示されていました。

エリザベス女王の戴冠60周年(Diamond Jubilee)を記念して、5月から「The Queen Art & Image」という女王の肖像画を集めた企画展が開催されますが、そこでもルシアン・フロイドの作品が展示されるそうです。
20120315 1NationalPortraitG5.JPG

【おまけ】
National Portrait Galleryは建物が素敵で、来るたびに気持ちが落ち着きます。
20120315 1NationalPortraitG2.JPG
     20120315 1NationalPortraitG3.JPG

地下にはブックストアやカフェもあり、アート鑑賞の前後にくつろげます。
20120315 1NationalPortraitG1.JPG
キッシュとトマトサラダグラスワインセットで8.50ポンド

【つぶやき】
本当は隣のNational GalleryのカフェでPre-theatre menuを食べたかったのですが、到着したのが19時すぎで注文のためには時間切れ。

そして、ロンドンのミュージアムでは、興味深い企画展があちこちで開催中。
Tate Modern(草間彌生展)、Royal Academy of Arts(David Hockney展)、National Gallery(Turner関連)、V&A(エリザベス女王関連)、Design Museum(Conran卿関連)、Cautauld Gallery(Modrian展)など。

週末にゆっくりできれば、そのうちのどこかのミュージアムにも行きたかったし、久しぶりに大好きなKew GardensでのウォーキングやRoyal Opera Houseでのバレエ鑑賞、懐かしのWimbledon訪問もしたかったなぁ。
ま、仕事だから仕方ないのだけどね。ロンドンに行けただけでも感謝。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 美術ブログへ

前の7件 | - 旅 イギリス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。