So-net無料ブログ作成
検索選択

2分の1 [つぶやき]

今日で6月が終わり、今年の折り返し地点
つまり、もう一年の半分が終わったということ。

ここで、新年の決意の振り返り。
うーん、頑張らねば。
後半(プラス、会社の年度の第4四半期も含め)、あまり多くのことに手を広げすぎずに欲張らず、一つひとつの出来事を大切に毎日を暮らしていこう!

【おまけ】
今日も暑いので晩酌。アップルタイザーSTRONGBOW
20110630 Strongbow.jpg

イギリスを懐かしんで飲んだけど、甘い炭酸系は暑さを倍増させるなぁ。。

ネイルから涼を呼び込もう!明日から7月、天の川のイメージで。
20110630 天の川ネイル.jpg

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いったい何なの! [日記]

あっつー
ったく、何なの?この暑さ!
まだ6月ですよ。
これから本格的な夏のシーズンを迎えようとしているのに節電。
えぇ、まだエアコンは使っていません。網戸に、dysonで送風。

今日の夕食はパスタにしようと思って帰ってきたけど、スーパーでこんなものを見つけて路線変更。
20110629 台湾ビール.jpg

台湾ビールには中華三昧の惣菜セット
朝採りのトウモロコシはシリコンスチーマーで蒸して、そのまま。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村 グルメブログへ

タグ:ビール
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

木村家の食べるラー油パン [レストラン&フード]

木村さんという人の家のパンではなく、キムラヤのパン
店名の文字に違和感を感じたのでウェブサイトで調べたら、会社の称号は「木村屋總本店」、銀座本店は「銀座木村家
いろいろと使い分けているようです。

で、銀座木村家で買ったのが食べるラー油パン
20110622 木村家食べるラー油パン.jpg

食べるラー油はご飯だけでなく、パンにも合いますね~
老舗が革新を試みているのか、巷のラー油人気に便乗、迎合しているのか。
ま、美味しいからヨシとするか。

【おまけ】
同じ並びの真珠のミキモト本店にはピンクと白の紫陽花が可憐。
20110622 銀座ミキモト紫陽花.jpg

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村 グルメブログへ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひびのこづえのとっておき [ショップ&買い物]

文化村に行ったとき、地階のブックショップNADiff modernでコスチュームデザイナーひびのこづえさんの小物フェア「ひびのこづえのとっておき」をやっていたので迷わず入店。

私がつい買ってしまうモノは、“おもしろ可愛い”“ユニーク(他にないオンリーワン)”
ひびのさんデザインの小物は一点ものだったり、どこかユニーク、ほのぼのした感じ。
つまり、私のストライクゾーンにドンピシャリ!

二年前に買ったビーズのテントウムシのアクセサリーもありましたが、今回はリーフ(葉)のビーズリングと夏の必須アイテム、タオルハンカチ(ペンギン柄が涼しそう)をお買い上げ!
20110617 ひびのこづえのとっておき.jpg

暑い夏もお気に入りのグッズで乗り切ろう!

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

涼を求めて [日記]

先週は6月だと言うのに東京では最高気温が30度を超える蒸し暑さ。
夕方、外にいると、タオルハンカチでぬぐってもぬぐっても顔まわりから汗が噴き出してきました。
週末は少し暑さが落ち着き、冷静さを取り戻すことができましたが。

そんなわけで、室内も本格的な夏仕様に。
ソファカバーをパレオに替え、dysonのair multiplier(羽のない扇風機)を出し、エアコン(冷房)を試運転し、敷布団の上に敷く寝ゴザを干し、タオルケットを準備。

バスルームでも爽やかに~
20110624 ロクシタン.jpg
春に鳴門のホテルリッジに置いてあったロクシタン。心地よい香り~

食でも涼を感じましょ。
この夏初めてのソーメン、焼きズッキーニをシンプルに塩コショウで~

そして、待望の鮎の塩焼き!
20110625 新生姜ご飯&鮎塩焼き.jpg
炊きたてご飯に新生姜の千切りを混ぜ、鮎をのせて。
(Queen's ISETANでお買い上げ。一尾380円。でも夜7時すぎだったから30%OFF♪)

デザートには金沢の中田屋さんの水羊羹「瑞衣(みずごろも)」を。
20110625 中田屋水羊羹.jpg
大納言、こし餡、抹茶の味

夏のきんつばをイメージして作られた、絹の羽衣をまとったような涼やかな風情。
爽やかな甘さと軽やかな後味。
あー、トコロテンが食べたくなってきたよ~

今日の午後は、フェイシャル・エステ
顔とともに首や頭のコリもほぐしてくれるのですが、心地良さで意識が遠くなっている中にも硬いコリの部分を押された時は思わず「ウッ」と声をもらし眉間にシワを寄せている自分に気づいて覚醒。
頭部をほぐしてもらった後はジムで汗をかいて体の内からデトックス。
サロンもジムも冷房が効いていて部屋にいるよりも快適~

マンションとの往復は徒歩。
スイーツショップの誘惑を避けるために抜け道、裏道。
今日は甘味よりも肉食の気分。
白金5丁目(五の橋商店街)に数か月前にオープンした「からあげ家東京」へ。
20110626 からあげ家東京1.jpg
ゼブラ模様の入り口が目印

夕食用に「からあげ弁当」(800円)をテイクアウト。
20110626 からあげ家東京2.jpg

手羽先、手羽元、骨なしモモ肉、レンコン、サツマイモのからあげ。チキンライス、サラダがついています。牛すじコロッケも試食したかったので1個だけ追加注文。(150円)

あっさり系の食事だけでは暑い夏は乗りきれません。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルドゥーテ「美花選」展 [アート&デザイン]

渋谷のBunkamuraザ・ミュージムで開催中の「花の画家ルドゥーテ『美花選』展」を観てきました。

20110618 ルドゥーテ美花選.jpg
『美花選』より《バラ、アネモネ、テッセン》銅版画、コノサーズ・コレクション東京

植物学にのっとった正確さ、創造性あふれる美術的な要素。その二つを見事に作品として融合したのが画家ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(Pierre-Joseph Redoute、1759-1840)
彼は、ベルギー南部サンチュベールという町の画家の家に生まれ、13歳からの修業の後パリへ。ルイ16世王妃マリー・アントワネットの蒐集室付素描画家の称号を得、フランス革命後、皇帝ナポレオンの妃ジョゼフィーヌなどの庇護のもと、宮廷画家として王侯貴族や上流階級の人々に「花のラファエロ」または「バラの画家」と称えられ、植物画家として多大な名声を得た。

会場内には、パフューマリー・ケミスト蓬田勝之氏によるバラの香り(ティー、ダマスク・モダンの香り)の特別演出もあり、視覚だけでなく嗅覚でもバラの優雅な世界を堪能できます。

会場構成は次のとおり。

『美花選』に至る道
様々な植物学者たちに依頼され、その植物図譜に図版を提供してきたルドゥーテ。
彼の初期の作品から、自ら企画・出版した豪華植物図譜『ユリ科植物図譜』までを紹介。
ルドゥーテが用いた点刻彫版法(スティップル法)の解説コーナーもあります。

『美花選』-最も美しい花々
ルドゥーテが67歳の時に取り組んだ、彼の集大成とも呼べる晩年の版画集『美花選』
「最も美しい花々」と言っても、ルドゥーテの好み、時代の好みを色濃く反映したもの。1827年から36回の配本、6年かけて完成した。
野に咲く花々、バラ、みずみずしい果物、新発見の植物。全144点を8つのコーナーに分けて展示。「早春の可憐な花々」「ヨーロッパの花々-アルプスから地中海まで」「庭の新しい仲間たち-遠方からの導入種」「初夏の庭-バラの花園」「東洋への憧れ」「美しき実り-果物の肖像」「エキゾチックな植物」「ブーケの魅力」

『バラ図譜』
ビーズ刺繍デザイナー田川啓二氏によるバラのオートクチュール・ドレスの特別展示もあります。

特別出品『バンクス花譜集』
ブラジル、ソシエテ諸島、ニュージーランド、オーストラリア、ジャワで発見された植物

ベラムに描かれた水彩画
ベラム(Vellum)とは、脂肪や毛を除去したものを強く張り紙のような状態にする子牛などの動物の皮。水彩絵具を使用する場合、紙と比べて絵具のしみこみが少ないため色の発色がよい。
デザイナー吉谷博光氏が、マルメゾン宮殿の室内装飾にインスピレーションを受けてルドゥーテ作品のためのサロンデザインした優雅な空間演出の中に展示されています。

純粋に「花が好き」という彼の、花に対する愛情が絵に充ちあふれています。

会場出口付近にあるのが美輪明宏氏の著書『花言葉』より、花と美にまつわる言葉を選んで紹介されているコーナー。
印象に残った言葉を二つだけ、最後に書き留めます。

「美意識というのは、生活必需品で、ぜいたくなものでも、生きるために余剰なものでもありません。美意識こそが、世界を活性化させる、非常に必要不可欠な原材料であり、原動力なのです。」
「美と文化は、心のビタミンです。」

ほんと、全く同感です。美と文化なしでは生きられません、わたし。

【おまけ】
もし、新しい習い事をするなら、Botanical Artを学んでみたいな。(植物が好きで、アートが好きだからモッテコイ)
ロンドン郊外の私のお気に入りの場所、Kew Gardensの中にボタニカル・アートばかりを集めた小さなギャラリーがあります。懐かしいなぁ。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 美術ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

赤坂で女子会 [レストラン&フード]

火曜の夜は、会社の女性社員(金沢で一緒にしていた同僚、と言っても年齢は一回り以上若いのですが。。)と三人で赤坂の「新鮮な野菜とワインの店」san-goディナー
一人が金沢に帰ること(転勤)になったので送別会を兼ねて。
このお店に初めて行ったのはちょうど一年前のこと。その後もランチに時々利用していますが、ディナーでの来店は初。

まずは前菜で乾杯~!(二人は生ビール、私はスパークリングワインで)
20110621 sango1.jpg
手前の鬼灯(ほおずき)の実も食べられました

たっぷりのグリーンリーフに生マッシュルームのスライスがのったサラダに続き、本日のパスタ(二種類から選択。私は空豆をピュレにしたクリームソースに厚切りベーコンとオクラがのったスパゲティ)
メインは、本日の肉料理(鶏もものコンフィ、焼き野菜添え)または魚料理(魚介のスープ仕立て)。完全に肉食思考だった私は迷わず肉料理!
20110621 sango2.jpg

最後はデザート。盛り付けが愛らしい。
20110621 sango3.jpg
いつもの習慣でコーヒーを頼んだけど、デザートワインにすればよかったかなと後悔。

私たちがいただいたのはプリフィクスコースA(4000円)
ワインを1本飲みましたが、世界各地のワインが3000円~とお手頃。
赤坂でこのお値段。このメニュー。気軽にくつろげる雰囲気。女子会にもってこいです。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村 グルメブログへ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。