So-net無料ブログ作成
検索選択

Lotteの洋酒チョコレート [レストラン&フード]

この季節でしか買えない洋酒チョコ

こちら、おなじみの‘兄弟’BacchusRummy(各178円)

20090211 Bacchus&Rummy.JPG

冬に近づく頃、店頭に並ぶのが待ち遠しいです。

バレンタイン&ホワイトデーの時期だからか、こんなのも売られていました。
SINGLE MALT Whisky Chocolate(各398円)

20090211 Single Malt Whiskyチョコ山崎.JPG

サントリーのシングルモルトウィスキー山崎12年を使ったデザートタイプ(チョコレートバー、アルコール分0.6%)と一粒タイプ(アルコール分3.2%)

ウィスキーの水割りが苦手、とずっと敬遠してきたけれど、ひょっとしてロックだと飲めるかも、と最近思い始めてきました。

それにしても、こんなにおいしいチョコレート、どうか一年を通して販売してほしいなぁ。

【おまけ(日記)】
今日(2/27)の東京は朝からずっと雪が舞っていた。気温も5度くらいにしか上がらず寒い一日。
朝になったら羽田空港から帰省。飛行機、ちゃんと飛びますように。

ランキング参加中。よろしければクリックを→ にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

ピーターラビットと仲間たち&放蕩息子 [シアター&シネマ]

渋谷Bunkamuraのオーチャードホールバレエカンパニー『バレエ ピーターラビットと仲間たち』『放蕩息子』を観てきました。

プログラム最初はジョージ・バランシン振付、セルゲイ・プロコフィエフ音楽、舞台美術・衣装ジョルジュ・ルオーの『放蕩息子』(Prodigal Son)
新約聖書から材を得た物語。主人公の苦悩など、内面的な表現も求められる作品。

20090225 ピーターラビット&放蕩息子2.jpg

主役はKバレエ主宰でもある人気ダンサー熊川哲也。(彼が英国ロイヤルバレエを離れ、日本で自分のカンパニーを立ち上げて早くも10年が経つのですねぇ)
膝の怪我から復帰第一作ということですが、実は私、彼の踊りを生で見るのは今回が初めて。S席とは言え、34列と結構後ろの席だったので、残念ながら顔の表情はわからず、跳躍のすごさや細かい動きを間近に感じられませんでした。


もう一つのプログラムは英国の絵本作家ビアトリクス・ポターの『ピーターラビットのおはなし』をバレエ化した『ピーターラビットと仲間たち』(Tales of Beatrix Potter)
振付は英国ロイヤルバレエの育ての親、サー・フレデリック・アシュトン。

20090225 ピーターラビット&放蕩息子1.jpg

モチーフになっているのは「あひるのジマイマのおはなし」「こぶたのピグリン・ブランドのおはなし」「(蛙)ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし」「2ひきのわるいねずみのおはなし」「りすのナトキンのおはなし」の5つ。

チラシの写真ではピーターラビットが中心ですが、舞台ではかろうじて登場した時の拍手は大きかった程度で、その他の動物たちの踊りがメイン。私が一番気に入ったのはあひるのジマイマ。羽根を広げたりお尻を振ったりという動きがまさしくアヒル。
精巧な着ぐるみ姿でジャンプやピルエットを自然にこなすダンサーたち。人間が中に入っていることを忘れるくらい、本物の動物そっくり。素晴らしい。

子供向けの作品というよりも大人が心から楽しめる作品です。きっと再演されるでしょう。いえ、ぜひ再演してほしい。

【おまけ(芸能人目撃情報)】
公演初日ということもあってか会場入り口にはたくさんの花が飾られていました。
そして、終演後、会場外に出て歩き始めたところ、横を向くとそこには見たことのある女性が。杉田かおるでした。
男性と一緒に歩いたことも意外でしたが、バレエを観にきていたことにもちょっと驚きでした。

ランキング参加中。よろしければクリックを→ ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ホルテンさんのはじめての冒険 [シアター&シネマ]

渋谷Bunkamuraのル・シネマノルウェー映画『ホルテンさんのはじめての冒険』を観てきました。(原題 O'HORTEN)

20090225 ホルテンさん1.jpg

ノルウェーの首都オスロと第二の都市ベルゲンを結ぶベルゲン鉄道の運転士、オッド・ホルテンさん。
毎日、規則正しい生活を送ってきた彼が、定年退職を迎える前夜、運転士仲間たちと飲みに出かけたところから歯車が狂い始める。翌朝、最後に運転する日に人生初の遅刻。そこからホルテンさんはどんどん日常生活から脱線していくのです。

20090225 ホルテンさん2.jpg

風変わりな人たちとの出逢い、予期せぬ出来事との遭遇。何もかもがホルテンさんにとっては“はじめての冒険”
(寒さでツルツルに凍結した坂道を滑り台のように座って下りてくるビジネスマンの姿には笑いをこらえることができませんでした)

「何かを始めるのに遅すぎることはない」

年齢にかかわらず新しいことにチャレンジすることの大切さ、人生の面白さ。
ほんわりと心温まる人との交流に感動をもらい、勇気を与えてもらえる映画です。

ノルウェーの冬の雪景色とともに感動がじーんと胸に届きます。
(オスロとベルゲンを訪れたのが2007年8月。Takk=ありがとう、という現地の言葉が懐かしかった)

2008年度アカデミー賞 外国語映画賞<ノルウェー代表>
2008年カンヌ国際映画祭 ある視点部門出品 パルム・ドッグ賞 特別賞受賞<犬のモリー>

ランキング参加中。よろしければクリックを→ ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

上野 国立科学博物館 [建築&インテリア]

国立科学博物館の日本館は1930年完成のネオルネサンス様式を基調とした建物。上から俯瞰すると飛行機の形をしています。

20080608 国立科学博物館.jpg

大きなシロナガスクジラの模型が目印。

建物の中に入ってみましょう。

吹き抜け中央ホールを見上げると白壁の丸い天井にステンドグラスが綺麗です。
20090222 国立科学博物館3.JPG

拡大ズーム
20090222 国立科学博物館11.JPG

そして、いろんなアングルから
20090222 国立科学博物館6.JPG 鳳凰と植物のステンドグラス
          20090222 国立科学博物館8.JPG

階段や窓枠、壁の時計の意匠も凝っています。
20090222 国立科学博物館12.JPG
     20090222 国立科学博物館21.JPG
          20090222 国立科学博物館15.JPG

飛行機の両翼にあたる建物の両端の階段3階天井のステンドグラスは細かいデザイン
20090222 国立科学博物館16.JPG

2階の踊り場の窓には優しいパステル調の鳳凰。
20090222 国立科学博物館20.JPG

中央ホール1階、飛行機のコックピットにあたる場所もレトロな雰囲気です。
20090222 国立科学博物館1.JPG

【おまけ】
ステンドグラス制作はステンドグラス作家の小川三知、建築家の伊藤忠太がデザインに関わったそうです。

ランキング参加中。よろしければクリックを→ ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

国立科学博物館 常設展 [東京 お出かけ]

これまで上野の国立科学博物館を訪れたときは企画展を見るのが目的で常設展はほとんど見たことがありませんでした。
今回はぶらりと展示室を巡ってみました。

まずは日本館
日本列島の自然と生い立ち、そこに暮らす生き物たちの進化、日本人の形成過程、自然のかかわりの歴史が展示されています。
(約200年前、江戸時代の女性のミイラの展示もあり)

樹齢1600年(!)の屋久杉の切り株や
20090222 科博 日本館1.JPG

カラフル二枚貝の標本
20090222 科博 日本館2.JPG

日本各地で採取した鉱石、隕石の展示
20090222 科博 日本館6.JPG

「自然をみる技」のコーナーでは珍しい太鼓時計など
20090222 科博 日本館7.JPG

『愛・地球博』のイベント会場から移設したシアター360という360度全方位に映像が映し出される施設でIMAXシアターよりも迫力ある映像を体感しました。


もう一つは地球館
地球の多様な生き物がお互いに深くかかわりあって生きている姿、地球環境の変動の中で生命が誕生と絶滅を繰り返しながら進化してきた道のり、人類の知恵の歴史が展示されています。

海の生物の実物大模型や
20090222 科博 地球館1.JPG

きれいな羽色の鳥たちの標本
20090222 科博 地球館2.JPG

私の一番のお気に入りの展示は「大地を駆ける生命」 必ず見に行きます。
20090222 科博 地球館3.JPG

アフリカのサバンナに迷い込んだかのような錯覚に陥りそう。あー、またアフリカに動物たちに会いに行きたい!

ロンドンやNYCの自然史博物館のスケールの大きさには負けますが、それでも十分に見ごたえがあります。
子供たちにもワクワクする場所だと思いますが、私もデートコースでもOKなくらい博物館や水族館は大好きです。

【おまけ】
地球館2階のエスカレーターロビーには日本の科学技術の偉人たちの肖像レリーフが飾られています。
20090222 科博 地球館6.JPG

上段左は北里柴三郎(1853-1931)。ドイツの細菌学者コッホに師事し、破傷風菌の純粋培養に成功、帰国後にペスト菌を発見。
真ん中は高峰譲吉(1854-1922)。石川県金沢市出身で、消化酵素タカジアスターゼを発見し事業化。上中啓三と世界で初めてホルモンを結晶化しアドレナリンと命名。

ランキング参加中。よろしければクリックを→ ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

クリームティー [レストラン&フード]

今日は前からの計画どおり午後から会社をお休み。
表参道でヘアカット(着実にちびまる子に近づいている)したあとは渋谷へ。
Bunkamuraで映画を見たあと夜のバレエの開演まで一時間あまり間が空いたので東急百貨店(渋谷本店)の店内に足を向けました。

6階の家庭用品フロアにはウェッジウッドの売り場があり、奥にティールームがあります。

先日、金沢から遊びに来た友人の「クリームティーをいただける場所に行きたい!」というリクエストに応えようとネットでいろいろ調べたのですが、銀座松坂屋や自由が丘にあるティールームなどしか見つからず。ケーキ、サンドイッチなどが付いてくるアフタヌーンティーを提供するところはホテルのラウンジなどたくさんあるんですが。

今回、偶然見つけたウェッジウッドのティールームで見つけたのが紅茶とスイーツセット
17種類ある紅茶から私が選んだのはウェッジウッドのオリジナルブレンド、そしてスコーンのセット(1470円)

20090225 ウェッジウッド クリームティー.jpg

上質なティータイム。
ウェッジウッドの食器でサービスされます。(イギリスで暮らしていた部屋では大家さんが用意してくれた食器はすべてウェッジウッド製。東京ではマグカップ生活。実家からソーサー付きのティーカップを持ってこようかなぁ)

スコーンはプレーンとレーズン入りの二種類。小ぶりで上品。温められて出てきました。普段はこの心遣いがうれしいんですが、クロテッドクリームをのせると溶けて流れちゃいました。。クロテッドクリームはねっとりと冷たい感触が好きなんだけど。

他にも気軽にクリームティーが食べられるお店探しをしなくちゃ。ご存じの方、教えてください!

ランキング参加中。よろしければクリックを→ にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上野のパンダ全員集合 [東京 お出かけ]

日曜の午後から上野に出かけたのは国立科学博物館で展示中のパンダのはく製を見るため。(12月23日~4月5日、日本館1階中央ホール)

20090222 科博パンダ展4.JPG

1972年9月に日中国交正常化のために当時の田中角栄首相が中国を訪問し、10月にカンカンランランの2頭が上野動物園にやってきたのが日本のパンダの始まりです。

向かって左がカンカン(オス)、右がランラン(メス)
20090222 科博パンダ展5.JPG

パンダの歴史をおさらいすると、
7年後の1979年、ランランが死亡。その時、ランランのお腹の中には赤ちゃんがいたという話を覚えています。
代わりに1980年にホァンホァン(メス)が来日。同年、今度はカンカンが死亡。
1982年にお婿さんとして来園したフェイフェイ(オス)との間に第一仔チュチュが生まれたが残念ながら二日後に死亡。しかし、第二仔トントン(メス)、第三仔ユウユウ(オス)が誕生。ホァンホァンは子育て上手なお母さんでした。
1992年に国交正常化20周年を記念してユウユウとリンリン(オス)を交換。
1994年から2000年にかけてフェイフェイ、ホァンホァン、トントンと順に死亡。

トントンです。パンダって意外に耳が立っているんですね。

20090222 科博パンダ展6.JPG
(足元に生後二日で死亡したチュチュのホルマリン漬けも展示されていました。体はピンク色で羽毛程度しか生えていないのに耳はすでに少し黒っぽいんです)

1頭だけとなったリンリンはブリーディングローン(繁殖のための貸出)でメキシコへ三度渡航。逆にメキシコからシュアンシュアンが来園したがペアリングは成功せず、2008年4月に最後のパンダとなったリンリンが22歳で亡くなり上野動物園にパンダはいなくなりました。

リンリンの姿です。
20090222 科博パンダ展3.JPG

初来日からのパンダの映像を上映していましたが、おしりを左右に揺すりながら歩く姿がなんとも愛らしい。そういえば、小学生の頃、パンダの貯金箱を持っていました。(まだ実家に置いてあるかなぁ?)

今回は上野動物園にいたパンダ6頭のはく製を見るのが第一の目当てでしたが、建築そのものをじっくり見学するのも目的でした。ほかに、常設展なども見てまわり、これで入館料600円とはお値打ちです。(建築と常設展は別の記事でご紹介します)

ランキング参加中。よろしければクリックを→ ブログランキング・にほんブログ村へ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。